AIが人の仕事を奪っていくのか

夜中の討論番組で、豊島さんという方が、言っていました。
EU離脱を選択した英国のために、今後、2年間かけて、事務手続きをしていくようですが、
その間、世界は、そして日本は、大きなヘッドファンドに狙われ続けていくということです。

AIを使っての為替のし掛けに、日銀は多分は負けるだろう・・・という予想。

そして、円高へ90円台へということ。
そして株安へ。そういうシナリオだったようですね。

ココでハッとしました。
AIです、AI。

最近良く聞かれることばでしょう。

身近なところでは、今、自動運転車が開発急ピッチですが、
これが、その最たるものでしょうか。

与えられた環境の中で、自分で判断して運転するというシステムです。
こうなると、今まで、車を運転するというのは、ステータスであって、
免許を持つことも、当然ステータスだったんですよね。

でも、自動運転車が普及することによって、
運転したくない人が、当然増えてくるということです。
でも、車を持っているという姿です。

どうですか?この時、社会はどう進んでいくのでしょうか。

当然、タクシーなどが少しずつ不要になっていくのです。
全部とは言えないでしょう。当たり前の話。

でも、運転できない人、運転したくない人が、車で移動手段を持てるということ。

人件費が高いということをリスクと考える経営者などは、
次第に、人間より、AIへと投資するようになるでしょう。

日記

舛添知事さん、一体何のために一生懸命に学んで来たんですか

舛添知事さん、そしてベッキーさん、なんだかどちらもやっていることは決して良いことではないし、同情とかもないんだけさ、でも落ち着いてよく考えてみると、ね・・・。

みんな、ちと、やり過ぎというか、人の過ちを許さないぞ!って、寄ってたかって叩いているだけではないのかな。

舛添知事さんのことは、政治資金というのを隠れ蓑にしてさ、なんでもそれで落としているっていうのは、それってどうなのよね・・・っていうのが都民の声でしょう。

政治家って悪いことはしないよねって・・・というところから出発しているのに、政治家本人が、いい気になって、これは曖昧だから穴とみて、そこで何やってもいいということになったら、本当に、悲しいことですね。

それなら、政治資金というのは、使用目的は一切細かく規定していくとしたら、どうなるんでしょうかね。

そういうことをして、戦前失敗しているからさ、今、ゆるくしているのにさ、それを穴とみて、いるようでは、政治家をやる資格はないわね。

人より勉強してさ、高いお給料もらってさ、ふんぞり返ってお風呂入って、それも正月2日、3日から、会議だとかね。

聞いていて、マジで、都民でなくても、怒るというより呆れるわ。あんた、学生時代に一生懸命に勉強していたのは、こういうことをしたいが為だったんですかね?

哲学がないというか、学んだ知識などを全部自分の為に使っているなんて、情けなくないですかね。

 

日記